音程の度数や基本。音楽初心者さん向けに図解入りで詳しく解説

音楽通論

音程とは「2つの音の高さの隔たりのこと」をいいます。

つまり、2つの音の高さがどれくらい離れているかということですね。

例えばドとレは隣同士とか、ドとミだったらミはレの隣だからドの隣りの隣りがミ、ドとファだったらドの隣りの隣りの隣りが・・そんな風になりますが、いちいちこういう言い方をするのは大変。

こういった音程を表すには「度数」が使われるのが一般的で、1度とか3度とか6度というような言い方をします。

でも単に数字だけでなくもっと正確な呼び方がありますので、今回は音程について勉強していきましょう。

楽譜やピアノ鍵盤画像を使って、なるべく分かりやすくご説明しますね。

音程の度数の数え方や基礎知識

楽譜のイメージ画像です

先程も書きましたが、音程は4度とか7度などといった数字を使って表されます。

はじめに、この音程の度数の数え方から見ていきますね。

度数の基本的な数え方

ドとレに印を付けた鍵盤の画像です

ドとレの音程

上の画像の赤いしるしが付いているドとレの音程は何度でしょうか?

答えは「2度」です。

音楽を学び始めたばかりの方ですと、このドとレの音程を「1度」と考えている場合があります。

確かに、1つ上の音あるいは1つ下の音は隣同士なので、音程が1度かなと考えそうですね。

生徒さん
生徒さん

1つ隣りだったら1度、2つ隣りだったら2度なのかと思っちゃう。

ルミ
ルミ

つまり、その考え方だと起点となる音を「0」と考えて数えているんですよね 。

「起点」とは音程を数え始める音のこと。

音程は起点となる音を1と考えて数えます。

そうすると隣同士の音は2度、つまりドを起点として数え始めると次のレとの音程関係は2度ということになります。

この音程の数え方の基本をふまえて、ピアノ鍵盤の真ん中のドから1オクターブ上のドまでの音程を見てみましょう。

ドから数えた基本的な音程度数
ドとドの音符が書かれた楽譜です ドとレの音符が書かれた楽譜です
ドとミの音符が書かれた楽譜です ドとファの音符が書かれた楽譜です
ドとソの音符が書かれた楽譜です ドとラの音符が書かれた楽譜です
ドとシの音符が書かれた楽譜です ドと1オクターブ上のドの音符が書かれた楽譜です

1度~8度までの音程に、①~⑧までの番号を付けてみました。

①のドとドのように高さが全く同じ音の音程は1度と数えます。

ルミ
ルミ

同じ高さの音同士でも音程関係が存在します。

度数に付ける「完全」と「長・短」

では、先程の①~⑧までの音程表にちょっと言葉を加えて種類を少し増やしてみます。

ドとドの音符が書かれた楽譜です
ドとレの音符が書かれた楽譜です ドと♭レの音符が書かれた楽譜です
ドとミの音符が書かれた楽譜です ドと♭ミの音符が書かれた楽譜です
ドとファの音符が書かれた楽譜です
ドとソの音符が書かれた楽譜です
ドとラの音符が書かれた楽譜です ドと♭ラの音符が書かれた楽譜です
ドとシの音符が書かれた楽譜です ドと♭シの音符が書かれた楽譜です
ドとオクターブ上のドの音符が書かれた楽譜です

先ほどの①~⑧までの表の音程度数に赤文字で「完全」、「長(ちょう)」、「短(たん)」などの文字を付けました。

それと、②~③、⑥~⑦の2、3、6、7度は同じ度数でも2種類ずつありますね。

ルミ
ルミ

音符にフラット(♭)を付けたものを加えてみました。

フラット(♭)やシャープ(♯)(♭♭や♯♯も)が付いた音を派生音(はせいおん)、何も記号が付いていない音あるいはナチュラル(♮)が付いた音を幹音(かんおん)といいます。

最初に例に挙げた、鍵盤に赤のしるしが付いたドとレの音程は2度ですが、正確には「長2度(ちょうにど)」といいます。

また、上の画像④ドとファの音程の度数は4度ですが、こちらも「完全4度(かんぜんよど)」というのが正解。

このように、度数の前に「完全、長、短」などの文字を入れるのが正しい音程の表し方です。

では完全・長・短はどのように区別するのか見ていきましょう。

  • 完全系の度数⇒1・4・5・8度
  • 長短系の度数⇒2・3・6・7度

完全系・長短系はこのように度数によって分けられます。

※長と短は同じ系列とされているので、音程の種類として区別する時は「完全・長・短」と3種類ではなく、「完全」と「長短」の2種類として考えます。

では次に、音程度数の構成について重要な「全音・半音」について説明します。

全音と半音

音程といえば避けて通れないお話が「全音と半音」。

全音・半音とは、隣り合った2つの音(2度関係の2つの音)の関係性を表す用語です。

ルミ
ルミ

ドとレとか、ミとファ、ソとラなど、隣同士の2つの音関係ですね。

すべての度数は音の構成がきっちりと決まっていて、その音の構成は全音・半音という言葉を使って表すことが出来ます。

まず全音・半音の関係の音がどんなものかいくつか例を見てみましょう。

全音関係 半音関係
ドとレの音符が書かれた楽譜です ♯ドとレの音符が書かれた楽譜です
ソとラの音符が書かれた楽譜です ♯ソとラの音符が書かれた楽譜です
#ドと#レの音符が書かれた楽譜です ドと♭レの音符が書かれた楽譜です
♭ソと♭ラの音符が書かれた楽譜です ソと♭ラの音符が書かれた楽譜です
生徒さん
生徒さん

全音・半音の違いが、何となく分かるような分からないような・・。

もう少し分かりやすくするために、これをピアノの鍵盤上で考えてみましょう。

全音関係
ドとレの音符が書かれた楽譜です ドとレに印が書かれた鍵盤画像です
ソとラの音符が書かれた楽譜です ソとラに印が書かれた鍵盤画像です
#ドと#レの音符が書かれた楽譜です #ドと#レに印が書かれた鍵盤画像です
♭ソと♭ラの音符が書かれた楽譜です ♭ソと♭ラに印が書かれた鍵盤画像です
半音関係
#ドとレの音符が書かれた楽譜です #ドとレに印が書かれた鍵盤画像です
#ソとラの音符が書かれた楽譜です #ソとラに印が書かれた鍵盤画像です
ドと♭レの音符が書かれた楽譜です ドと♭レに印が書かれた鍵盤画像です
ソと♭ラの音符が書かれた楽譜です ソと♭ラに印が書かれた鍵盤画像です

ピアノの鍵盤上で考えてみると違いがより分かりやすくなります。

簡単に言うと、隣り合ったの白鍵同士や黒鍵同士の音は全音、白鍵と黒鍵が1つずつあると半音です。

でも4つだけ例外があります。

それは「ミ・ファ」「♯レ・♯ファ」と「シ・ド」「♯ラ・♯ド」。

4つの例外
ミとファの音符が書かれた楽譜です ミとファに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
#レと#ファの音符が書かれた楽譜です #レと#ファに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
シとドの楽譜です シとドに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
#ラと#ドの音符が書かれた楽譜です #ラと#ドに印を付けたピアノ鍵盤の画像です

先程、隣り合った同じ色の鍵盤同士は全音関係と言いましたが、この「ミ・ファ」「♯レ・♯ファ」「シ・ド」「♯ラ・♯ド」は他の同じ色の鍵盤同士とは違った点があります。

その前に挙げた全音である白鍵同士・黒鍵同士は、2つの鍵盤の間に音が1つ挟まれています。

しかし、例外である「♯レ・♯ファ」と「♯ラ・♯ド」の黒鍵同士の間には音が2つ挟まれていますし、「ミ・ファ」「シ・ド」の白鍵同士の間には音がありません。

下の図で確認してみましょう。

全音(同じ色の鍵盤に挟まれた音1つのみ) 全音じゃないもの(同じ色の鍵盤に挟まれた音がない、あるいは2つある)
ドとレに印を付けたピアノ鍵盤の画像です ミとファに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
ソとラに印を付けたピアノ鍵盤の画像です #レと#ファに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
#ドと#レに印を付けたピアノ鍵盤の画像です シとドに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
♭ソと♭ラに印を付けたピアノ鍵盤の画像です #ラと#ドに印を付けたピアノ鍵盤の画像です

このように白鍵2つの間に音1つ、あるいは黒鍵2つの間に音1つ挟まっている状態が全音となります。

こういった理由から、2つの間に音が挟まれていない「ミ・ファ」「シ・ド」は半音と分類します。

そして、黒鍵2つの間に音が2つ挟まれている「♯レ・♯ファ」「♯ラ・♯ド」は、度数でいうと3度関係なので、全音でも半音でもない、ということになります。

ルミ
ルミ

全音・半音は2度関係にある2つの音のことでしたね。

各度数の全音・半音の構成

全音・半音について理解出来たでしょうか。

次に、全音・半音が音程の度数の中でどのように構成されているかを見ていきます。

ルミ
ルミ

各度数は、この全音と半音が決まった数だけ含まれています。

完全系の度数は1・4・5・8度で、長短系の度数は2・3・6・7度でしたが、それを思い出しながら次の一覧表を見てみましょう。

(3度以上の音程には構成を分かりやすくするために、2つの音の間に含まれている音をピンク色の音符で書き加えてあります。)

完全系・長短系の音程の構成 
完全1度 完全1度の音符の譜面です ドのピアノ鍵盤の画像です
長2度 長2度の音符の譜面です ドとレに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
短2度 短2度の音符の譜面です ドと♭レに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
長3度 長3度の音符の譜面です ドとミに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
短3度 短3度の音符の譜面です ドと♭ミに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
完全4度 完全4度の音符の譜面です ドとファに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
完全5度 完全5度の音符の譜面です ドとソに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
長6度 長6度の音符の譜面です ドとラに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
短6度 短6度の音符の譜面です ドと♭ラに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
長7度 長7度の音符の譜面です ドとシに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
短7度 短7度の音符の譜面です ドと♭シに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
完全8度 完全8度の音符の譜面です ドと上のドに印を付けたピアノ鍵盤の画像です

この表を見て気づいた方もいると思いますが、長2度=全音、短2度=半音です。

全ての度数は全音関係と半音関係が必ず決まった数だけ入っているので、起点ともう1つの音の間に含まれている全音・半音の数を見て度数を判断します。

ここで、これまでの例に出した音程の楽譜の派生音は♭がついたものだけでしたが、♯をつけたものを2つ見てみましょう。

短2度 短2度の譜面です ♯ドとレに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
短7度 短7度の音程の譜面です ♯ドとラに印を付けたピアノ鍵盤の画像です

#ド~レの楽譜は1つの半音だけで構成されているので短2度、#ド~ラの楽譜は3つの全音と2つの半音で構成されてるので短7度になります。

「増・減」の音程

では音程の基礎が分かったところで、音程の数え方の応用編「増・減」と「重増・重減」について見ていきましょう。

ここに、音程の法則をもう一度載せておきますので、これを元に読み進めていってください。

  • 完全1度⇒同一音
  • 長2度⇒全音1つ
  • 短2度⇒半音1つ
  • 長3度⇒全音2つ
  • 短3度⇒全音1つ・半音1つ
  • 完全4度⇒全音2つ・半音1つ
  • 完全5度⇒全音3つ・半音1つ
  • 長6度⇒全音4つ・半音1つ
  • 短6度⇒全音3つ・半音2つ
  • 長7度⇒全音5つ・半音1つ
  • 短7度⇒全音4つ・半音2つ
  • 完全8度⇒全音6つ・半音2つ

まず、増と減についてです。

下の音程を見てみましょう。

ド~#ソの音程の音符の譜面です ド~#ソの音程のピアノの鍵盤です
ド~♭ソの音程の音符の譜面です ド~#ソの音程の音符のピアノの鍵盤です。

分かりやすく2つの音の間の音符をピンクで書きましたが、上の譜面①はド~♯ソ、②はド~♭ソまでの音程を表したものです。

これまでに説明した内容だと、ド~ソまでの音程だったら3つの全音と1つの半音で構成された完全5度ということになっていました。

生徒さん
生徒さん

でも、ソの音に♯や♭が付くとこの法則が当てはまらなくなるね。

ルミ
ルミ

①は全音が2つと半音が1つ・ファ~♯ソは全音でも半音でもないという構成だし、②は全音2つに半音2つという構成になっているから分からないですよね。

こういう場合に使われるのが「増・減」という言葉です。

まず①のド~♯ソの音程の場合は、完全5度であるド~ソに比べて半音分音程の幅が広くなっています。

ドとソに印を付けた鍵盤の画像です ドと#ソに印を付けた鍵盤の画像です

このように、半音分広がった完全系の音程は「増」という言葉を使います。

ですので、①の音程は「増5度」が正解です。

②のド~♭ソの音程の場合は、完全5度であるド~ソに比べて半音分音程の幅が狭くなっています。

ドとソに印を付けた鍵盤の画像です ドと♭ソに印を付けた鍵盤の画像です

半音分狭くなっている完全系の音程は「減」という言葉を使います。

ですので、②の音程は「減5度」が正解。

ルミ
ルミ

広がったときは増(増える)、狭まったときは減(減る)で分かりやすいですよね。

ではさらに次の音程を見てみましょう。

長2度の音程の楽譜です ドとレに印を付けたピアノの鍵盤です

これは1つの全音で構成されているので長2度の音程です。

ルミ
ルミ

長2度=全音でしたね。

それを踏まえて次の音程を見て下さい。

長2度の音程の楽譜です ドと♭レに印を付けたピアノの鍵盤です

レの音が♭になったことで、さっきの長2度の音程の幅が半音分狭くなりましたね。

生徒さん
生徒さん

半音分音程の幅が狭くなったら「減」という言葉を使うから、この音程は減2度なんじゃない?

ルミ
ルミ

そう思っちゃうかもしれないけど違うんですよね。

このレが♭になった音程は、半音1つという構成になっています。

音程の法則に沿って考えると、半音1つという構成の音程は短2度ですので、ミが♭になったこの音程の答えは短2度になります。

ルミ
ルミ

半音=短2度でしたよね。

ここで大切なことは、「長」の音程の幅が半音分狭まると、「減」ではなく「短」になるということです。

そしてこれを逆に考えると、「短」の音程の幅が半音分広がると、「増」ではなく「長」になるということ。

こういった理由から長・短は同じ系列として考えるのです。

さらに、こちらも見てみましょう。

増2度の音程の楽譜です ドと#レに印を付けた鍵盤の画像です
減2度の音程の楽譜です ドと♭♭レに印を付けた鍵盤の画像です

上の方は長2度(全音)よりも半音分音程の幅が広がっているので増2度です。

下の方は短2度(半音)より半音分音程の幅が狭まっているので減2度になります。

ルミ
ルミ

①のド~♯ソの増5度の楽譜の所にあった、全音でも半音でもないと書かれたところは増2度になります。確認してみてくださいね。

この増・減の内容をまとめると次の3つになります。

  • 「完全」の音程が半音分広がると「増」になり、半音分狭まると「減」になる。
  • 「長」の音程が半音分広がると「増」になり、半音分狭まると「短」になる。
  • 「短」の音程が半音分広がると「長」になり、半音分狭まると「減」になる。

次に、この増・減をさらに応用させた重増・重減を見ていきましょう。

「重増・重減」の音程

次の4つの例を見てみましょう。

重増5度の音程の楽譜です ♭ドと♯ソに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
重減5度の音程の楽譜です #ドと♭ソに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
重増2度の音程の楽譜です ♭ドと#レに印を付けたピアノ鍵盤の画像です
重減2度の音程の楽譜です ♯ドと♭♭レに印を付けた鍵盤の画像です

重増とは増を半音分広くした音程、重減とは減を半音分狭くした音程のことです。

先程の、増5度や減5度・増2度・減2度と比べてみると、それぞれ半音分音程の幅が広がっているのが分かります。

生徒さん
生徒さん

重減2度の#ド~♭♭レを見ると、楽譜上では#ドよりも上に書いてある♭♭レが、鍵盤上だとドよりも下にあるね。

ルミ
ルミ

鍵盤上で表わすとありえないような音程が出てくることもありますが、理論上の音程として考えるようにしてください。

音程の幅について分かりやすく示した図があります。

音程の広がり方を表した図です

音程の広がり方・狭まり方を表した図

こちらを頭に入れておくと、完全・長短・増・減・重増・重減についての認識が理解しやすくなりますよ。

コーヒーとケーキがあるブレイクタイムの画像です

1オクターブを超える音程

ド~上のレまでの音程の楽譜です

1オクターブを超える音程

上の画像の音程を見てみましょう。

この音程は下のドの音を起点として数えていくと、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・レと音が9つあるので9度になります。

でも、完全系は1,4,5,8度だし、長短系は2,3,6,7度で、9度という音程は完全系と長短系のどちらにも入っていませんね。

音程には必ず完全、長、短あるいは増、減などを付けなければなりませんが、こういう音程の場合はどのように表すのでしょうか。

下の画像を参考に考えてみましょう。

ド~レまでの音程の譜面です

1オクターブを超える音程(8度のドを書き加えたもの)

先ほどの画像に下のドの音から1オクターブ上のドを緑の音符で書いてみました。

ルミ
ルミ

緑の音符からレの音までが何度かを考えてみて下さい。

生徒さん
生徒さん

緑の音符のドから次のレまでの音程は長2度だね。

下のドから上のドまでは1オクターブなので、この1オクターブという言葉と、緑の音符のドから次のレまでの長2度という言葉を合わせてしまいましょう。

ということで、答えは1オクターブと長2度です。

または、下のドから上のレまでの9度と、オクターブ上のドから次のレまでの長2度の「長」を使って長9度という答えでもOKです。

(ただし、8度を超える9度、10度、11度~という呼び方は通常12度くらいまでしか使いません。)。

ルミ
ルミ

1オクターブ以上音が離れている場合は、起点の音より1オクターブ上の音から度数を数えることがポイントです。

このように、9度以上離れている音程のことを複音程、8度までの音程は単音程といいます。

転回音程とは

では最後に「転回音程」について見ていきます。

転回音程とは、上の音を1オクターブ下に置き換える、または下の音を1オクターブ上に置き換える音程のことです。

次の音程を見てみましょう。

完全5度の譜面です 完全4度の譜面です
長3度の譜面です 短6度の譜面です
短7度の譜面です 長2度の楽譜です

2つの音程の高い音や低い音を、1オクターブ上げるまたは下げた例を3つ挙げてみましたが、左の音程と右側の音程はお互い転回音程の関係です。

この転回音程にはある法則があります。

度数の法則(それぞれ9から引いた数) 完全・長短・増減の法則
7度2度 完全完全
6度3度
5度4度
8度1度 重増重減

この法則をもとに考えれば、下の音符を上に持ってきたら何度かな~と考えなくてもすぐに転回音程が分かります。

完全系の音程だったらその転回音程は必ず完全○度となりますし、長音程だったら短○度、短音程は長○度、増だったら減、減だったら増、重増だったら重減、重減だったら重増です。

度数の数字の部分は9からその度数を引けばOK。

5つ例を挙げます。

  • 短2度の転回音程は長7度。
  • 長6度の転回音程は短3度。
  • 完全1度の転回音程は完全8度。
  • 増4度の転回音程は減5度。
  • 重減3度の転回音程は重増6度。

転回音程は、音程が書かれた楽譜やピアノの鍵盤がなくても計算と法則ですぐに割り出すことができます。

ルミ
ルミ

9度を超える複音程は転回出来ない音程とみなされるので、転回音程は8度以内の単音程のみです。

まとめ

今回は、音程の度数について勉強してみました。

私の父がサックスの音楽団体に入った頃、音程の数え方が分からないと言ってきました。

父は還暦手前で初めて音楽を学び初めたせいか、音程の度数とか理論的な事が理解出来ていませんでした。

そして自分なりに考えた音程の度数の数え方が、「ドとその隣のレの音程は1度」ということだったらしいです。

ちなみに、オカリナを始めたばかりの音楽初心者である私の夫も同じように考えていました。

このように、音程の度数の数え方を誤解している方が他にもいらっしゃるかもしれないと思い、今回の記事を書きました。

最初のうちは、その都度しっかり数えないと分からないかもしれませんが、慣れてくればすぐに度数の感覚が分かってきます。

また、ピアノで色んな度数の音程をしっかり聴くようにすると、その音程の響きの特徴もつかめるようになります。

各度数の響きの雰囲気がつかめれば、音楽の表現にも必ず役立ちます。

音程の度数の知識を取り入れて、あなたの音楽ライフがますます豊かになりますように。

タイトルとURLをコピーしました